南 市 区 の 防 災 訓 練
















2015/10/12 (月・体育の日)
  昨年に続いて南市区の防災訓練が行われました。8時45分に避難準備情報が出て、その情報が区長から組長を経て各家庭に届きます。その知らせを聞いてから各組の集合場所へ移動。その後は組毎に避難場所のふれあいセンターにある「藤の木ホールへ」。







 板の間にしばらく座って色々な訓練をする事になるのでちょっと辛いのですが、昨年の経験から折りたたみの椅子を持って来られた年配の方もありました。 確か昨年は参加者が145名だったか?今年は185名でした。お年寄りも多かったのですが、今年は小さな子供さんが多かったのが印象的でした。








  予定では地震体験で起震車が来るハズだったのですが、残念ながら車両故障で中止。変わりに火事の際の煙を体験できる設備が市の消防署から来てくれました。本来はこの装置はもっと大きなイベントにしか出さないのだそうですが、南部消防署長が南市の安原清和君なので、起震車の代わりに手配してくれたものです。







  消防車は大きなポンプ車が来てくれました。消火作業以外に事故などの色々な場面に対応出来るよう、発電機やエンジンカッターなどの機材も積んでいます。ちなみにこの消防車は、装備充実しているのでウン千万円だそうです。




  ホールに戻ってAEDを使っての救急救命訓練。とはいえ消防署員の説明を聞いているだけなので、本当なら何人かが実際にやってみる事も必要でしょう。




  調理室を使って炊き出しの訓練。出来上がったお握りを2個ずつ貰って食べたのですが、1個は何となく芯があって上手く炊けていませんでした。ポリ袋に小分けして入れたお米を熱湯の中に入れて炊飯したのが有るとのことで、それだったのかも知れません。



inserted by FC2 system